MENU

HR MAKER

採用に関する情報を受け取る

キーワード検索

ソーシャルリクルーティング ダイレクトリクルーティング マーケティング 介護 医療 採用制度設計 採用広報

採用がうまくいかない3つの落とし穴【求職者の心理からヒモ解く】

HOME > 採用がうまくいかない3つの落とし穴【求職者の心理からヒモ解く】

採用がうまくいかない3つの落とし穴【求職者の心理からヒモ解く】

採用担当になると、以下の悩みにぶちあたることがあります。

 

・「面接を経て内定を出したのに、辞退されてしまった…。」

・「求人広告を出してはいるが、思うように求職者が増えない。」

・「会社が求める人材が集まらない。」

 

こういった悩みの解決方法をお伝えします。

 

採用がうまくいかない3つの落とし穴

① 自社の良い所ばかりを求職者に伝えている

② 求職者は必ず他社との比較をしている

③ 評判を元に、求職者は検討をして申し込む

 

僕はデイサービス2店舗の立ち上げと介護事業の管理職を5年経験しました。

現在、デイサービス事業統括を務め、実際に採用活動をした経験からお伝えいたします。

 

①自社の良い所ばかりを求職者に伝えている

 

面接や会社の見学案内をする際、ついつい「自社の良い所」しか伝えていませんか?

『自社の良い所と悪い所を両方伝える』

 

これで会社の信頼性が高まります。

心理学には『両面提示』『片面提示』という言葉があります。

 

両面提示:良い所、悪い所を両方とも相手に伝える

片面提示:悪い所には触れず、良い所ばかりを相手に伝える

 

心理学の実験で、この2つをアピール法を使用し、話を聞く側が相手の言葉を信頼したか

調べた所、『両面提示』の方が信頼性が高かったという結果となりました。

 

✔︎ 具体例をあげると

デイサービスの施設案内をしていて、相手に自社サービスを伝える時は、

 

「自立支援プログラムを取り入れ、利用者様が元気になる姿を直で感じれます。」

⬇︎

「ただ重度者へのプログラムは少なく、受け入れができないという課題があります。」

⬇︎

「この課題に対しては、弊社の訪問サービスと連携することで対策を練っています。」

 

というような感じです。

 

僕は以前、「良い所」ばかりを伝えていたことがありました。

その際、求人にきた方が「私じゃ荷が重いです…働ける自信がありません。」と言われ

辞退された過去があります。

 

初めからあなたの会社のファンである場合以外は良い所と悪い所、両方を伝えましょう。

 

✔︎ 重要ポイント

 

人は最後の聞いた言葉の方が記憶に残るので

『良い所➡︎悪い所➡︎良い所』

の順番でサンドイッチにして情報を伝えてみましょう。

 

②求職者は必ず他社との比較をしている

 

求人サイトを開けば、似た条件の会社がズラリと表示される。

『自社の強みを言語化しておく』

他社の情報に埋もれない努力が必要です。

 

人の購買心理プロセスを示す『AISCEAS(アイセアス)』という言葉があります。

それぞれ

Attention(注意)➡︎Interest(興味・関心)➡︎Search(検索)

➡︎Comparison(比較)➡︎Examination(検討)➡︎Action(行動)➡︎Share(共有)

 

の頭文字をとっています。

『求人申し込み』という『行動』に行き着くには、

『比較』の壁を超えなければなりません。

 

✔︎ 具体例をあげると

 

実際に、広告求人を出している条件をGoogleで検索してみます。

他社情報が出てくるので、自社情報との差は何かを『比較』してみます。

 

自社の魅力が伝わる内容でないと、特に中小企業は大手企業に負けてしまいます。

ただし、失業や急な転居ですぐに職を探している人は『比較』の作業は減ります。

 

✔︎ 重要ポイント

 

「あなたの会社しか知らない!」ということは、情報社会の現代ではあり得ません。

『自社の強みを言語化しておきましょう』  

 

③評判を元に、求職者は検討をして申し込む

 

・介護施設の利用者様

・介護施設で働くスタッフ

 

評判は簡単に広がります。

求人申し込みという『行動』に至る前に、必ずあるのが『検討』です。

 

✔︎ 具体例をあげると

 

利用者様の声は担当ケアマネジャーに伝わる。

介護サービスを併用している方であれば、他事業者へ評判が伝わる。

従業員満足度が低ければ、スタッフの声はSNSや口コミで広がります。

 

もちろん、良い情報も拡散される可能性はあります。

 

✔︎ 重要ポイント

 

採用がうまくいくためには、大前提として

『利用者様とスタッフの満足度を上げる』

 

これが大切です。

 

そもそも、サービスも悪く、従業員も大切にしないような会社であれば

採用を強化しても、成功はしないでしょう。

 

採用に関する情報を受け取る

この記事を書いた人

佐藤 いつき(いつき理事長)

佐藤 いつき(いつき理事長)

佐藤いつき(いつき理事長)/理学療法士
介護業界の理学療法士10年目で、埼玉県の春日部市でデイサービスの運営を行ってます。
初めての管理職で人間関係のトラブルで離職率50%を経験。一からコミュニケーションを見直して、デイの稼働率90%超、さらに人間関係による離職率0%を達成しました!
現在はデイの運営経験を生かして、理学療法士養成校での講師や人材教育のセミナーを開講してます。
『介護のとらえ方を好転させる』を理念にデイサービス運営・医療介護業界の人材教育・介護家族の支援に情熱を注いでます☺️
【twitterはこちらから】

新着記事

つづきを読む

人気記事

ささる求人広告作成のコツとポイントを解説

2020.01.13 8532views HRmaker編集室

返答率30%超!スカウトメールで応募UPするコツ

2019.11.28 2507views 後藤 早貴子(ごとうさきこ)

1年で応募者数2.5倍!介護職採用で実践した5つのポイント①

2019.11.28 1211views 後藤 早貴子(ごとうさきこ)
つづきを読む
TOP
採用に関する情報を受け取る